ヨーグルトとサプリメントはどちらが良い?

「生涯健康でいたいから」「いつまでも若くいたいから」「ストレスを溜めやすい性格だから」などなど、積極的に自分で自分のNK細胞を活性化させようと行動するのはとても良いことですよね。

 

最も手軽な方法として乳酸菌の摂取が注目されていますが、果たしてどれくらい摂取すれば良いのか、ヨーグルトとサプリメントではどちらが良いのかなどについて、ちょっと調べてみましょう。

 

・ヨーグルトは手軽でも?

日本ではヨーグルトや乳酸菌飲料という名目で商品を販売する場合、「1ミリリットルあたり1,000万個以上の乳酸菌が含まれる」という規則を設けています。

 

つまり最低レベルであっても、ヨーグルト100ミリリットルで乳酸菌が10億個摂取出来ますので、かなり効率が良いとも思えますね。

 

でも人間の腸内にいる100兆以上の菌に対して環境を変えるには、なかなか難しい量です。

 

ただ、最近注目を集めているR-1乳酸菌は、研究者の順天堂大学医学部 奥村康特任教授が毎日100ccの摂取で効果が得られると言っていますので、それなら無理なく続けられそうです。

 

・動物脂肪には注意

脂肪分ゼロのヨーグルトもあるのですが、風味の点からあまりメジャーにはなっていないようにも見受けられます。ただ、ヨーグルトに含まれる脂肪は動物脂肪ですから、毎日あまりたくさん摂取するのも良くはありませんね。

 

乳酸菌の数は多ければ多いほど良いという専門家もいますのでたくさん食べたいところですが、食べにくいので甘味料を入れたり、フルーツやジャム、はちみつなどを入れたりすると、余計な糖分も気になります。この点がヨーグルトのデメリットでもあります。

 

・サプリメントなら全てクリア

サプリメントで摂取する分には、もちろんそのサプリメントにもよりますが、余計な成分は摂取せず、必要な乳酸菌だけたくさん摂ることも可能です。

 

味が苦手な人でも問題ありませんし、外出先でも摂取出来るのは便利ですよね。
さらにコストパフォーマンスの面で見てもヨーグルトと比べてかなり優秀です。

 

その点からも、当サイトではヨーグルトよりサプリメントをお勧めしています。
NK細胞を活性化する乳酸菌サプリ

 

乳酸菌は死菌であっても生菌であってもNK細胞を活性化させますので、どちらでも問題はありません。海外では医療現場で潰瘍などの治癒効果が得られた症例もたくさんありますから、うまく利用すると良いでしょう。