腫瘍マーカーについて

癌の指標として使われる特殊な物質が腫瘍マーカーです。
この腫瘍マーカーについてちょっと調べてみましょう。

 

・腫瘍マーカーとは

癌の指標として医療現場で使われる特注な物質です。
よく大腸がんの診断などで使われることがあるCEAなどが有名ですね。
いくつかの種類の腫瘍マーカーがあり、癌を早期に発見するための検査として使われています。

 

とは言え、必ず確実に検出出来るほどの精度は無く、癌ではない場合でも数値が増加する場合もあるので、絶対的な指標というものではありません。

 

他にも画像で診断したり、生検などを組み合わせない限り判断は出来ないものです。

 

・単独で確定は出来ない

腫瘍マーカーの数値にあまりにも一喜一憂しすぎる人がいますが、あまり振り回されるのは考えものです。現在はスクリーニング=ふるい分けのために検査が行われますが、現状では陽性となっても癌だと決めつけるのは早計です。

 

・検査方法

血液や尿、膣内の分泌液などを採取して、モノクロール抗体という試薬を加えて量を測定します。
同時に超音波検査をしたりレントゲンを撮ったりして画像判断をしたり生検を行います。

 

測定法が違う場合は数値も変わりますので、測定法に何が採用されたかは確認しなければわかりません。自分で数値を見る時には用いられた測定法を確認しましょう。

 

・主な名称

腫瘍マーカーの主な名称と基準値をまとめておきましょう。
ただし、数値の上がり下がりにあまり振り回されてはいけません。

 

AFP 肝がん、胚細胞がんに使用、慢性肝炎や妊娠などでも高くなる 10.0ng/ml以下
CA15-3 乳がんの判定や経過観察に使用 25.0U/ml以下
CA19-9 膵臓がん、胆道、胃、大腸のがんなど、消化器のがんに使用 37.0U/ml以下
CA125 卵巣がん、子宮体がん、膵臓、胃、大腸などに使用 35.0U/ml以下
CEA 大腸がん、肺、卵巣、乳がんなどに使用、喫煙や糖尿病でも高くなる 5.0ng/ml以下
CYFRA 扁平上皮がんに使用 3.5ng/ml以下
NSE 肺がん、神経芽細胞腫などに使用 10.0ng/ml以下
PIVKA-U 肝臓がんに使用 40.0mAU/ml以下
ProGRP 肺がんに使用 46.0pg/ml未満
PSA 前立腺がんで使用、前立腺炎や前立腺肥大でも高くなる 4.0ng/ml未満
SCC 肺がん、食道がん、子宮頚部扁平上皮がんで使用 1.5mg/ml以下
SLX 肺がんで使用 38.0U/ml以下
I-CTP がんの骨転移を調べるために使用 4.5ng/ml未満