NK細胞活性化サプリメント|ナチュラルキラー細胞を増やす

NK細胞(免疫力)が下がる原因とは?

身体の健康を維持するためには、身体の外から侵入してくるウイルスなどを攻撃したり、体内で発生するガン細胞を攻撃してくれるNK細胞(免疫力)の働きが必要不可欠です。強力な働きを持っている、体内の見張り役であるNK細胞(免疫力)の働きが下がる原因となるものが、いくつかあります。それは、どのようなものなのでしょうか。

ストレスが原因となっている

ストレスには、外因的要素と内因的要素の2種類があります。外因的要素は、身体の不調や痛みなどに対して、ストレスを感じるものと、内因的要素は、何らかの原因に対して、心理的なストレスを感じるというものがあります。ストレスとなっていものを解消するための対策を取らない場合、ストレスが原因となって、NK細胞(免疫力)の働きが低下することがあります。日々の中で、誰でもある程度のストレスを感じていることがありますが、過度のストレスを感じている場合には、意識的にストレスを解消するように心掛けると良いでしょう。

生活習慣が原因となっている

生活習慣は、NK細胞(免疫力)の働きを大きく左右します。喫煙や過度な飲酒がNK細胞(免疫力)の働きを低下させることは、言うまでもありませんが、不規則な生活や、栄養のバランスの悪い食事などを取り続けることで、体内のバランスを崩してしまうことがあります。さらに、運動不足も体内のバランスを崩す原因となる場合があるので、毎日の生活全体の見直しは、そのまま身体の状態を見直すことにも繋がります。

薬や抗生物質の乱用

身体に様々な症状が現れて健康を損なった際に、薬や抗生物質は、それぞれの症状を抑える作用や治療を促す作用など、大切な役割を持っています。しかし、日々の中で薬や抗生物質を常用していたり、乱用を繰り返していると、体内のバランスに影響を与えてしまう場合があります。中でも、NK細胞(免疫力)は、薬や抗生物質の乱用によって、その働きを低下させることもあるようです。薬や抗生物質は、必要な時に、決められた量を守って飲むようにすると良いでしょう。

↑ PAGE TOP