癌の免疫療法の費用について

最先端の癌治療は非常に画期的で、従来のように正常な細胞まで殺してしまうような強い副作用を持つことなく、理想的な治療を進められるところまで来ています。

 

ただし、そうした最先端の治療法には多大な費用を必要とするのも事実です。
癌の免疫療法にかかる費用について、調べてみましょう。

 

・免疫療法は保険適用外

まず最初に知っておかなければいけない事実は、免疫療法は保険適用外の自由診療扱いとなるために全額が自己負担となるという事実です。

 

日本で開発されたANK療法の他にも免疫療法はいろいろと行われているのですが、免疫療法すべてが適用外である以上、どんな治療であっても自分で資金を確保しなければいけないのです。

 

・免疫療法の費用

例えば、日本で開発された最先端の免疫療法であるANK療法は、非常に高い効果を期待出来る優れた治療法であることは間違いありません。でも、このANK療法を行う場合には、およそ400万円もの治療費を全部自己負担しなければいけないのです。

 

しかもそれは1クールあたりの費用。

 

つまり、癌を抑えこむためには、免疫治療を行うたびにそれだけの多額な費用を必要とすることになってしまいます。

 

一生に一度だけ、なんとか費用を捻出することが出来たとしても、継続的に治療環境を維持していけるだけの財産がある人は、残念ながらそうそういないでしょう。非常に効果を期待出来る治療法ではありますが、実際問題として受けることが出来るかと言えば大きな疑問が残ります。

 

・最終的な段階では遅いことも

あまりの費用の高さもあり、他の治療法を始めて結局結果が出せず、最終的に免疫療法の門をたたくという人も少なくないそうです。

 

でも、残念ながらその段階ではすでに手遅れになってしまっているケースも多いと言います。

 

癌を発症した時に、即座に判断して大きな病院にかかり、ANK療法などの可能性を主治医に相談することが、実は一番大切なことなのかもしれません。とは言え、確かに費用の負担を考えると、一般的な生活者なら躊躇せざるを得ないというのも重い事実です。