NK細胞活性化サプリメント|ナチュラルキラー細胞を増やす

NK細胞(ナチュラルキラー細胞)は加齢で減るの?

年齢を重ねていくうちに、体内の様々な働きが低下していくことがあります。活性酸素NK細胞(ナチュラルキラー細胞)は、身体を健康な状態に維持するために、休むことなく働いているものですが、加齢によって、どのような変化があるのでしょうか。

加齢によってNK細胞(ナチュラルキラー細胞)の数は減るの?

体内のNK細胞(免疫力)は、一般的に加齢と共にその数に変化が見られます。生まれた時が最もNK細胞(ナチュラルキラー細胞)の数が少なく、加齢と共に少しずつNK細胞(ナチュラルキラー細胞)のが増えていきます。NK細胞(ナチュラルキラー細胞)の数は、20代から30代にかけて増え続けます。その後、意外なことかもしれませんが、50代から60代にかけて、その数が少しずつ増えていく傾向があります。ところが、加齢と共にNK細胞(ナチュラルキラー細胞)の数は増えるものの、NK細胞(ナチュラルキラー細胞)が、身体にとって悪いものを攻撃する能力は、加齢と共に低下していく傾向があります。しかし、若い世代であったとしても、体質により稀にNK細胞(ナチュラルキラー細胞)の働きが十分に機能しない場合もあるため、加齢によって必ずNK細胞(ナチュラルキラー細胞)の働きが下がるかと言えば、対策を取ることによって、そうならないケースもあるようです。

加齢によるNK細胞(ナチュラルキラー細胞)の働きの低下

ガン細胞は、毎日、体内で膨大な数生まれ続けています。しかし、発生したガン細胞がそれ以上、体内で進行しないように、NK細胞(ナチュラルキラー細胞)が、がん細胞を発見した際に、即座に攻撃してくれるため、健康を維持できるのです。加齢によって、ガンの発症率が増える原因のひとつに、NK細胞(ナチュラルキラー細胞)の働きが低下していくということが挙げられます。しかし、事前にこのようなことを知っておくことで、大切な働きを担ってくれているNK細胞(ナチュラルキラー細胞)をサポートするための何らかの対策を取ることができます。

↑ PAGE TOP