NK細胞の活性化でインフルエンザ対策

最近、ヨーグルトなどでNK細胞を活性化させてインフルエンザ対策を考える動きが活発化しています。毎日ヨーグルトで身体の抵抗力をつけることが出来るなら、さして難しいことではありませんよね。そんな乳酸菌のインフルエンザに対する効果について調べてみましょう。

 

・NK細胞とインフルエンザ

体内にあるNK細胞は、外部から入って来た病原体をいち早く見つけて攻撃する能力を持っています。だからもちろん、外からインフルエンザのウィルスが侵入して来ても、NK細胞が真っ先に攻撃して退治してくれれば私たちがインフルエンザを発症することもありません。

 

もちろん侵入して来るウィルスの量にもよりますが、NK細胞は入って来た未知のウィルスにも即座に対応する能力があるので、まず最初に攻撃しながら残りの免疫部隊へ連絡して応援を要請します。一度応援が駆けつけると、次回からは同じウィルスに対して応援が早くなるので、病気が発症しにくくなります。

 

この仕組みを利用したのが予防接種です。

 

・乳酸菌がNK細胞を活性化させる

乳酸菌が普段からNK細胞のはたらきを活発にさせていると、上記のような動きが非常に活発になります。多少のウィルスが体内に侵入して来たくらいでは、あっという間に退治してしまって私たちは病気を発症しなくて済むのです。

 

このNK細胞活性化の効果を確かめるために、R-1乳酸菌の入ったヨーグルトを利用した大規模な実証実験が日本で行われました。そして、隣接する市よりもずっと少ないインフルエンザの発症成績を残し、一躍R-1乳酸菌の名前を有名にしたのです。

 

・ワクチンも活性化させる

大規模な実験が良い結果だったとは言え、ヨーグルトさえ食べていればインフルエンザにかからないかと言えばそこまでのチカラは無いでしょう。ただ、その後の医大の中での実験では、インフルエンザの予防接種と合わせてワクチンの効果を高めることにも成功したと言います。

 

乳酸菌に秘められたチカラには、大いに期待したいですね。