癌とNK細胞との関係

癌細胞への攻撃の中心となるNK細胞の働きには、近年医療現場でも一般的な生活の中でも大きな注目が集まっています。そんな癌とNK細胞との関係について、詳しく調べてみましょう。

 

・自然免疫の役割

自然免疫というのは、生まれつき私たちが体内に持っている最大の防御機能です。

 

その代表格がNK細胞なのですが、NK細胞は生まれた時から自分の敵が何なのかを知っている細胞です。一度も遭遇したことの無い未知の細菌やウィルス相手でも、NK細胞は独自の判断で敵かどうかを判断し、攻撃を加えるか無視するかを決断します。

 

この標的に対するセンサーについては、本当に神秘としか言いようがありません。

 

・獲得免疫との違い

NK細胞は、自分の判断で動くことが出来るので、癌細胞なども見つけ次第即座に攻撃して排除することが出来ます。癌細胞は普通の細胞の突然変異のようなものですので、毎回決まった形状や特徴があるわけでもなく、判断がしにくい存在です。

 

自然免疫と相対する存在として獲得免疫というグループもあるのですが、獲得免疫のほうは癌細胞があっても敵と認識することが出来ません。

 

NK細胞からの要請を受けて初めて攻撃に加勢することが出来ます。

 

・癌は見つけ次第排除

NK細胞の素晴らしい点は、つねに変化する癌細胞も見逃さず、即座に攻撃してその増殖を抑えることです。実は誰でも毎日3,000個から6,000個もの癌細胞が生まれているにも関わらず、NK細胞が即座に消去することで癌化することが防がれているのです。

 

癌細胞にとってはまさにNK細胞は天敵。目の上のたんこぶのような存在なのです。

 

・どうして癌を発症するのか?

そんなNK細胞は、誰の体内にも存在します。それではどうして癌を発症する人がいるのかと言えば、癌細胞の発生数が非常に多いか、もしくはNK細胞の活動が著しく低下している場合に、癌細胞の勢いに免疫系が負けてしまうことが考えられます。

 

NK細胞の数が減るわけでなくても、活動が不活性化していればいないも同然になってしまいます。
だからこそ、日常的なNK細胞の活性化が非常に大事だと言われているのです。