NK細胞活性化サプリメント|ナチュラルキラー細胞を増やす

NK細胞(ナチュラルキラー細胞)の重要な働き

免疫機能は、健康な毎日を過ごすために、身体になくてはならない働きのひとつです。免疫というシステムは、体内の免疫細胞がその働きを担ってくれていますが、中でも、NK細胞(ナチュラルキラー細胞)は特に重要な働きを担っています。NK細胞(ナチュラルキラー細胞)の働きには、どのようなものがあるのでしょうか。

ウイルスの攻撃

現代は、数多くのウイルスが存在しています。様々なウイルスから身体を守るために、除菌や殺菌などの対策を取られている方も多くいらっしゃいますが、体内に存在しているNK細胞(ナチュラルキラー細胞)は、どのタイプのウイルスでも、体内に侵入したきたウイルスであれば、その高い殺傷力でウイルスを徹底的に攻撃して、身体を外敵から守る働きを担っています。体内を守っている細胞は、ほかにもたくさんありますが、NK細胞(ナチュラルキラー細胞)は、攻撃指令が体内に出されていない時点でも、常に体内を厳重に見張っている状態であり、万が一、ウイルスが体内に侵入した場合でも、即座に攻撃体勢に入り、それらが体内に感染するのを防ぎます。

ガン細胞の攻撃

ガンと聞くと、多くの方が恐ろしいものという印象を抱かれていると思いますが、実は、ガン細胞というものは、体内で常に発生している状態です。その状態で身体が健康を維持できるのは、NK細胞(ナチュラルキラー細胞)が、異常な細胞を見つけるたびに、すぐに攻撃をして細胞のガン化や拡大を防ぐ働きを担っているからです。このように、NK細胞(ナチュラルキラー細胞)は、体内の見張り役として、24時間休まずに常に身体を守る働きをしてくれているのですが、体内の免疫機能が低下すると共に、NK細胞(ナチュラルキラー細胞)の働きが低下すると、細胞の異常に対応するスピードが遅くなり、そういった細胞を攻撃する力が弱まるため、体内でガン化した細胞がどんどん悪化していくことになります。常に、健康な状態を維持するためにも、NK細胞(ナチュラルキラー細胞)の働きを高めておく必要があります。

NK細胞の活性化することのメリット


ウイルス性の風邪をひきにくくなる

空気中には、様々なウイルスが存在している場合があります。そういったウイルスを体内に侵入させないためには、マスクをつけたり、手洗いやうがいなどの様々な対策を取る必要があります。このような方法も大切ですが、身体の免疫機能が高いレベルを保っており、NK細胞が活発に働いている場合には、たとえ体内にウイルスが侵入してきたとしても、NK細胞が即座にそういったウイルスを攻撃してくれるため、身体の健康を常に保つことができます。さらに、NK細胞は、体内から攻撃の指令が出る前に、自動的にウイルスを攻撃してくれるので、とても便利です。ウイルス性の風邪などもひきにくくなるため、余計な体力の消耗を避けることができます。

健康な状態を保つことができる

身体の免疫機能が高まると、特に意識をせずとも、健康な状態を常に保つことができます。健康な状態とは、日々を通常に過ごせることができるのはもちろんのこと、身体の機能が十二分に働いている状態のことを指します。身体が免疫機能に守られていると、それぞれの臓器の働きも活発化するため、結果的に身体全体がエネルギーに満ちたような状態になります。

毎日の活動を快適に行うことができる

体内では、健康な人でも、毎日、膨大な数のがん細胞が発生しています。がんが進行すると、様々な治療を受けなければならないのはもちろんのこと、心理的にストレスを感じてしまう方がほとんどです。NK細胞は、毎日体内で発生しているがん細胞を攻撃して、身体の健康を守ってくれています。こうして、健康な状態を保つことで、毎日のの活動を快適に行うことができます。

薬を飲む機会が少なくなる

身体の免疫機能が低下すると、様々な病気が発症する原因となってしまいます。それぞれの症状にあわせた薬が、数多くありますが、こうした薬は、症状を抑えたり、治療を促すものではあるものの、効能があると同時に副作用があるという特徴を持っています。身体の免疫機能が様々な病気から守ってくれている場合、薬を飲む機会そのものが減ります。

乳酸菌がNK細胞を活性化する

乳酸菌は、乳製品などに含まれているものとして広く知られているものです。乳酸菌は、乳製品以外にも、ぬか漬けやキムチなどにも含まれており、主に腸内環境を整えるものとして、多くの方が取り入れているものです。乳酸菌はNK細胞に対して、どのように作用するのでしょうか。

乳酸菌の働き

身体の健康状態は、腸内環境と深い繋がりがあります。腸内環境が整うことで、免疫機能が高まるのは、身体の免疫細胞のほとんどが、腸内に多く存在しているからです。腸内環境を整えることで、免疫機能を高めることができますが、腸内環境を整えるためには、腸内の善玉菌を増やす必要があります。乳酸菌は、腸内の善玉菌を増やす働きがあり、このことから、乳酸菌が腸内環境を整えるものとして、多くの方に取り入れられているのです。

乳酸菌はNK細胞を活性化する

乳酸菌は、腸内環境を整える働きがあるものとして、広く知られているものですが、NK細胞とも繋がりのあるものです。NK細胞は、独自に体内をパトロールするような働きを持っていますが、加齢と共に、その働きが低下していく傾向があります。加齢によって、様々な病気が発症しやすくなるのは、NK細胞の働きが低下するためです。このような場合、何らかの対策を取ることで、NK細胞の働きをサポートすることができます。様々な研究により、乳酸菌は、NK細胞の働きを活性化してサポートするということが、分かっているのだそうです。乳酸菌で腸内環境を整えることは、免疫機能を活性化すると同時に、NK細胞の働きを活性化することになります。

乳酸菌を効果的に取り入れるには?

乳酸菌は、様々な食品の中に含まれているものですが、腸内環境を整えることを期待される場合には、身体が必要とする十分な量の乳酸菌を、毎日の中で、継続して取り入れる必要があります。乳酸菌を食品から取り入れるのも大切ですが、十分な量の乳酸菌を効果的に取り入れる方法の中に、サプリメントを利用するという方法があります。乳酸菌が配合されたサプリメントなら、必要な量の乳酸菌を無理なく毎日の中に取り入れることができます。

↑ PAGE TOP